2010年10月04日

太平洋戦争時代の様々なウォーシップ「駆逐艦、響」

*3度の損傷に耐えて戦い抜いた駆逐艦「響」

革新的な重武装駆逐艦として知られる吹雪型の1隻として建造された響は、太平洋戦争で数度の大損傷を受けたものの、その都度復活して終戦まで戦い抜いたのです。

300px-Hibiki.jpg

*軍縮条約が生んだ革新的駆逐艦

大正時代の日本海軍は、アメリカ海軍と対等に戦える戦力を保有するため、戦艦8隻、巡洋戦艦8隻を中心とした八八艦隊計画を推進していました。当時の日本の駆逐艦は、数を揃えるため大型の1等駆逐艦と小型の2等駆逐艦の二本立てとなっていました。

この状況を変えたのが、1922年のワシントン海軍軍縮条約でした。軍縮条約で戦艦の保有量をアメリカの6割に制限された日本海軍は、この差を巡洋艦や駆逐艦などの補助艦艇で補わなければならなくなり、駆逐艦の建造計画は大きく影響を受けました。

これまでの駆逐艦が、主に戦艦の護衛と敵駆逐艦の阻止を任務としていたのに対し、新しい駆逐艦は敵戦艦部隊を雷撃で撃沈することが要求されたのです。そこで生まれたのが、特型と呼ばれる吹雪型駆逐艦だったのです。

軽巡夕張の設計補佐、藤本喜久雄造船大佐がその経験を活かして設計した吹雪の特徴は、6門の主砲と9門の魚雷発射管という、従来より5割増の重武装を持ちつつ38ノットという高速を発揮できることだったのです。しかも主砲は全て連装砲塔で、魚雷発射管は中心線上に装備されていました。

この性能を従来の駆逐艦の3割増しの排水量1,680トンという小型の船体で実現したため、吹雪型は竣工当時初め世界の海軍に衝撃を与えたのです。



*露呈した欠点

吹雪型は24隻建造されたが、そのなかでも響を含む最後の4隻は、暁型として別の型に分類されることがあります。これは機関技術の進歩により、それまで4基必要だったボイラーを3基で済ませられるようになったことと、外見にも大きな変化が生じ、ボイラーが減った分、前部煙突が細くなったからです。

準新的駆逐艦として登場した吹雪型でしたが、小型の船体に重武装を装備するため、外板をを薄くして軽量化を図った結果、船体の強度が不足していました。この無理な軽量化の弊害が露呈したのが、1,935年の第4艦隊事件でした。演習中に台風に遭遇した第4艦隊の中で、吹雪型駆逐艦2隻が大波により艦首を切断される大損傷を受けたのです。

前年の水雷艇友鶴転覆事件とともに過剰兵装による復原力不足と船体強度不足が問題とされました。この事件を受け吹雪型駆逐艦では船体の補強のほか、復原力を補うため、艦橋の小型化や船底にバラストを搭載するなどの工事が行われました。

これらの性能改善工事によって吹雪型の排水量は増大し、速力は響で35ノットに、ほかの同型艦も34ノット程度にまで低下しました。


*損傷からの復活

1,933年3月31日に竣工した響は太平洋戦争開戦時、同型艦暁、雷、電と第6駆逐隊を編成していました。開戦後しばらくは船団護衛などを行っていましたが、1,942年6月にはアリューシャン作戦で、キスカ島の攻略に参加しています。

キスカ攻略作戦中の6月12日には、アメリカ軍機の奇襲で艦首が接断される被害をうけました。これが3度に渡る響の被害のはじまりでした。

その後1,943年4月に修理を終えて艦隊に復帰した響は、7月にキスカ撤収作戦に臨みました。響はキスカ島の攻略と撤収の両方に参加することになったのです。

キスカ撤収作戦後は船団護衛や輸送作戦に従事していた響でしたが、この間に次々と同型の僚艦を失いました。1,942年11月の第3次ソロモン海戦で暁が沈められたのをはじめ、1,944年4月には雷が、5月には電がアメリカ潜水艦に撃沈されたのです。

このため第6駆逐隊は、響1隻となって解隊されたのです。しかし響は沈みませんでした。1,944年9月には潜水艦の魚雷が命中し、艦首が折れ曲がる損害を受け修理が完了してすぐの1,945年3月には、機雷に触れて航行不能となりましたが不死鳥のように蘇って戦い続け、8月15日の終戦時にも行動可能な状態で生き残っていたのです。

終戦時の響は復員輸送に従事した後、戦時賠償として1,947年7月5日にソ連に引き渡されました。その後ソ連海軍で使用され、1,963年に解体されたといわれます。響は実に竣工から30年もの長い間を生き抜いたのです。


*駆逐艦、響データ(終戦時)

基準排水量  2,090トン
全長     118メートル
最大幅    10.4メートル
機関出力   50,000馬力
最大速力   35ノット
航続距離   14ノットで5,000海里
主砲     12.7センチ連装砲2基4門
対空機銃   25ミリ3連装機銃4基、連装1基
       単装14基、計28挺
魚雷発射管  61センチ3連装3基、魚雷15本
爆雷     連装投射機1基、爆雷36発



*様々な艦船模型

大型戦艦タイプ充電式ラジコン船/SMASHER/HT-2879◇1:115スケール



凝った作りの全長76mビッグラジコン船!

ツインモーター式で前進後進左右のフルファンクション!

安全の為に、水に入っていない場合はスクリュウがストップする機能がついています!

●セット内容:本体、コントローラー、充電池、充電器、9V電池。●サイズ:約76cm。 ●動作:前進、後進、左右前後進。●電源:本体/充電式電池、コントローラー/9V電池。●周波数:27Mhz。●可動時間:約4時間充電で20分。●操作可能範囲:最大約80〜50m。◎この商品は新品ですのでもちろんきれいですが、あくまでもトイラジコンですので色の塗りなどを完璧を求める方はご遠慮願います。
posted by シン軍曹 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 駆逐艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。