2010年09月15日

太平洋戦争時代の様々なウォーシップ(アメリカ戦艦ヴァージニア)

戦艦ヴァージニアは、1898年の米西戦争の戦訓を受け、初めて列強並みの排水量で建造されたアメリカ戦艦です。しかし戦訓に導かれて再び採用された2階建て砲塔は、失敗に終わりました。

300px-USS_Virginia_BB-13.jpg

*米西戦争の影響

アメリカがスペインに一方的に勝利した米西戦争は、その後のアメリカ海軍の戦艦設計に大きな影響を与えました。太平洋を隔てたグアム、フィリピンにまで植民地を持つようになったアメリカは、従来のような沿岸型戦艦ではなく、太平洋全域で作戦行動ができる優れた航洋性能を持つ戦艦を必要とするようになりました。

これらを踏まえたうえ、米西戦争の戦訓を取り入れて設計されたのが、1899年度計画と1900年度計画で建造されたヴァージニア級5隻です。

ヴァージニア級戦艦の最大の特徴は、キアサージ級で失敗に終わった2階建て砲塔が再び採用されたことです。2階建て砲塔が復活したのは、米西戦争で低い位置の主砲より高い位置の20.3センチ副砲の方が有効だったためで、ヴァージニア級では20.3センチ副砲8門中4門が、主砲塔の上に載る2階建て砲塔として装備されました。

ヴァージニア級の砲塔は、キアサージ級よりも副砲を前の位置に据え、主砲に副砲の爆風がかからないように工夫されていました。また、太平洋全域が行動範囲となったことで、航洋性を向上させる必要から乾舷を高くし、さらに速力19ノットを発揮できるように機関出力を増大させました。

その結果、ヴァージニア級の排水量は、当時の列強各国の戦艦並みの14,948トンとなりました。大きさは列強レベルとなったヴァージニア級ですが、2階建ての砲塔が成功したとはいえませんでした。

なぜなら改良されたとはいえ、2階建て砲塔の照準の難しさや装填システムの複雑さ、一度に主砲と副砲が破壊される危険性といった問題は解決されていなかったからです。このため2階建て砲塔は、ヴァージニア級が最後となりました。

1906年5月7日に竣工したヴァージニアは、その年の12月にイギリスが、「ド級戦艦」という呼称を生んだドレッドノートを完成させたため、すぐに旧式艦となってしまいました。



*アメリカ戦艦初の世界周航

ヴァージニアは、1907年から約1年かけて行われたアメリカ戦艦部隊の世界周航に、主力艦として参加しました。この世界周航は、当時のセオドア・ルーズベルト大統領が、アメリカの威信を世界に知らしめるために、戦艦16隻からなる大艦隊で行ったものでした。

この時アメリカの戦艦は、全てが白く塗装されていたためグレイト・ホワイト・フリートと呼ばれました。ヴァージニアはコネチカット級に次ぐ新鋭艦として、第2分艦隊に所属していました。

1907年12月16日にアメリカ東海岸のハンプトン・ローズを出港した艦隊は、南米諸国を歴訪しながら南下し、マゼラン海峡経由で太平洋に向かいました。アメリカ海軍の大艦隊が太平洋に進出したのは、この時が初めてでした。

太平洋に出た艦隊は、サンフランシスコで若干編成を変え、ヴァージニアは第3分艦隊に所属を変更しています。ニュージーランド、オーストラリアに寄港したグレート・ホワイト・フリートは10月18日、最も威信を示したい相手である日本の横浜に寄港しました。

日本で連合艦隊の出迎えと市民の歓迎を受けた艦隊は、日米友好の演出と日本への威圧という目的を果たして25日に出港。インド洋から地中海を経由して大西洋に出た後、1909年2月22日に出発地であるハンプトン・ローズに帰還しています。

グレート・ホワイト・フリートの世界周航は、アメリカの国威を知らしめるという意味で成功を収めました。この世界周航後、ヴァージニアは1922年まで艦隊に所属した後、ワシントン海軍軍縮条約により除籍され、1923年9月5日に陸軍爆撃機の標的艦として沈められました。

グレート・ホワイト・フリートの世界周航は、ヴァージニアをはじめとするアメリカの前ド級戦艦にとって、最大の晴れ舞台となりました。ヴァージニア級の2階建て砲塔は成功しなかったものの、ここで得た経験は、アメリカ戦艦が主砲塔を前後にずらして重ねる背負い式配置を導入する際に役立ったのです。



*ヴァージニア(新造時)データ

常備排水量  14,948トン
全長     134.6メートル
最大幅    23.3メートル
機関出力   19,000馬力
最大速力   19ノット
航続距離   10ノット時3,825海里
主砲     30.5センチ連装砲2基4門
副砲     20.3センチ連装砲4基8門
       15.2センチ単装砲12基
対水雷艇砲  7.6センチ単装砲12基
       4.7センチ単装砲12基
魚雷発射管  53.3センチ発射管4門



*様々な艦船模型







ユニマックス 1/1000 戦艦ビスマルク 完成品ユニマックス 1/1000 戦艦ビスマルク 完成品


箱サイズ 310×85×115(mm)
ダイキャストモデル。
1/1000スケール。
ユニマックス(FORCES OF VALOR)製






posted by シン軍曹 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ戦艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。